• 審美歯科治療の種類には何があるのでしょうか

    最近の日本では、健康というキーワードが広く浸透しており、政府の方針としても医療の充実や、市区町村レベルでも医療の充実が施策としてピックアップされています。

    歯科においても同様で審美治療や、フッ素による虫歯の予防が多く取り入れられています。



    それは動物などの実験でも実証されているように、歯並びや、歯の健康そのものが人体の内臓にも影響を及ぼしていることがわかったからです。


    その中で審美歯科治療が技術の発展とともに注目を集めています。審美歯科治療には、歯列矯正、インプラント治療、ホワイトニング、セラミック治療、メタルボンドなど様々な治療方法がありますがどれも治療には時間と根気が必要になります。
    例えば歯列矯正では、単純に数日という治療ではなくなってしまいます。


    歯列の並び方にもよりますが、主に原因となっているのは顎の幅が細く、歯が並びきらないことによる歯列のズレが主な原因です。

    毎日新聞の情報をご提供しています。

    その為、治療の第一段階にてまず両奥歯をさらに奥に広げるための矯正から始まります。
    それを数ヶ月行った後、全体的な歯列矯正に入り数年ほど矯正器具を装着したままで徐々に歯列を直し、定着させていくことが治療方法となります。インプラント治療では欠損した歯を歯茎にボルトで埋め込み、見た目を復活させるという方法です。
    歯茎の骨に直接ボルトを埋める為、大掛かりな外科的な審美治療となり費用として最も高額な審美歯科治療の一つです。

    簡単な審美歯科治療の中ではホワイトニングやセラミックが挙げられます。



    銀歯では口を開けた時に見えてしまい見た目に悪いと捉えられがちです。


    そこで銀ではなく、歯と同じ白色をしたセラミックで埋めるのがこうした治療方法です。しかしセラミックは銀に比べて高額であることから保険適用にされていなく自費診療となり少し高額な医療費となりますが、それだけ手軽でかつ効果のある審美治療と言えます。